お金を借りたい! それも即日、深夜の今日中にどうしても現金が必要!
そんなとき、即日でお金を借りるためにはスマホなどを利用してインターネットから申し込むのが一番確実です。
銀行系のカードローンでも審査が早くなってきていますが、やはり一番早いのは消費者金融系のキャッシングサービスです。
即日で借りるための手続きの流れは、次のようになります。

スマホから仮審査の申込み

オペレーターからあなたのスマホに電話

本審査に必要な書類のお知らせ

必要書類の写真を撮ってスマホで送付

本審査結果の連絡

あなたの口座に現金振り込み
または
無人契約機でカードを受取ってキャッシング

たくさんある消費者金融の中からどこが一番早く借りられるか?
この答えは、自分が持っている銀行口座に合わせて銀行系の消費者金融に申し込むのがオススメです。
すでに銀行口座で申し込む人の情報を持っているから、審査も早くすすめることができるわけです。
ですから、即日でお金を借りたいときは、自分が持っている銀行口座に合わせて銀行系のキャッシングサービスに申し込みしましょう。

銀行別のオススメの消費者金融

①三井住友銀行なら「プロミス」か「モビット
②三菱東京UFJ銀行なら「モビット」か「アコム
④ジャパンネット銀行なら「プロミス」
⑤楽天銀行銀行なら「アコム
⑥ゆうちょ銀行なら「アコム
⑦どの銀行も持っていないなら「アコム

即日でお金が借りられるお勧めランキング


アコムでお金を借りる アコム
アコムでお金を借りる 実質年率:3.0~18.0%
利用限度額:1万円~800万円
融資:ネットで契約まで可能!
特徴:はじめての方なら最大30日間金利0円!
最短30分で審査回答!さらに最短1時間振込みも可能!
いつでも返せて、利息は利用した日数分だけ!
ネットで24時間お申込みOK。
むじんくん(自動契約機)に行けば21:00までその場でカード発行!即借りらる!

アコムで即日お金を借りる


モビットでお金を借りる モビット
モビットでお金を借りる

実質年率: 3.0~18.0%

利用限度額: 1~800万円
融資: 最短即日利用可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます)
特徴: スマホからも利用可能!WEB完結申込!

電話連絡なし・郵送物なし!

WEB完結申し込みなら、ご利用開始までがスピーディー!
ネットで24時間お申込みOK。
振込みキャッシングの審査お手続き後、お客様の銀行口座へお振込み!

モビットで即日お金を借りる


アイフルでお金を借りる アイフル
アイフルで今すぐお金を借りる

実質年率: 4.5~18.0%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短30分で審査完了!即日融資も可能!!
特徴: 「配達時間えらべーる」を利用すれば希望の時間帯にカードを受け取れるので家族に内緒で借入れ出来る!

パート・アルバイトなどで定期的な収入があれば申込みできます!
1,000円から買い入れ可能で、利用限度額は500万円なので、幅広い買い入れが可能です!
カードの受け取り方法は、自宅への郵送(「配達時間えらべーる」がおすすめ)、または全国のアイフル無人契約でんわBOX「てまいらず」で受け取るか、どちらか選べます。

アイフルで即日お金を借りる

即日でお金を借りる手続きの流れ

まず手続きの流れとして、インターネットから仮審査の申込みをします。

入力した携帯電話などに、本人確認のための電話がオペレーターからかかってきます。

オペレーターに必要書類を確認

このとき本審査に必要な書類を教えてもらえます。

そして必要書類が準備出来たら、スマホや携帯で必要書類の写真を取って指定されたたメールアドレスに送ります。

必要書類の写真は書いてあることが読み取れるように鮮明に写してください。

ぼやけて字が読めないと「もう一度送ってください」と電話がかかってきて無駄な時間を使ってしまうことになります。

必要書類は免許証など

書類の写真を送ってからが本審査になるのです。

この本審査で借入可能額などの条件がわかります。

あなたの条件によっては、追加の書類、例えば収入を証明するような書類などが必要になることがあります。

だから最初から街にあるプロミスやアコムなどの店舗に行くのはオススメしません。

追加の書類が必要になる場合もある

追加の書類が必要になったときに出直すことになってかなり時間の無駄をしてしまうからです。

だから、即日でお金を借りるコツは、インターネットから仮審査の申込みをして、申し込んだらすぐに指定のフリーダイヤルに電話して「今日中に借りたい」とまず伝えることです。

本審査に必要な書類

本審査に必要な書類は、運転免許証や健康保険証などの本人を証明するもので十分なときもありますが、お金を借りる人の条件によって違ってきます。

だから仮審査の結果を待って必要書類を用意するようにしたほうがいいです。

できれば午前中に申し込むことをオススメします。

仮審査、本審査と進んでから契約となるのですが、この契約完了の時間が重要だからです。

契約完了の時間が問題

あなたの銀行口座への振込を希望なら午後2時までとか午後2時50分までとかの制限があるからです。

この時間に間に合わないようなら街中にある店舗の自動契約機で手続きするという方法があります。

この自動契約機では午後9時まで契約の手続きができて、その場でカードが発行されます。

そして、そのカードを使って自動契約機の隣りにあるATMで現金をキャッシングできるわけです。

ただし、自動契約機は通常各店舗に1台しかありません。

前の人が手続きしていると締め切り時間に間に合わないこともあるので要注意です。

また、キャッシングの店舗がビルの中にある場合には21時前に閉まるところもあるのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。

即日審査ができる消費者金融

ただお金を借りるだけではなく、なるべく早く借りたいと思ってる人もいます。

そういう人にとっては、即日審査が可能なところで融資を申込まなければなりません。

即日審査が可能なところといえば、消費者金融系が有力です。

なぜなら、消費者金融系は審査基準が優し目に設定されているからです。

消費者金融の審査基準

審査基準が優し目であるということは、スピード審査が可能となり、結果として即日対応・即日審査が可能になるのです。

銀行でも審査スピードの速いところはありますが、それでも全体的にいえばまだまだ、銀行より消費者金融のほうが審査スピードが速いといえるでしょう。

このようなわけで、なるべく早くお金を借りることを希望する方は、消費者金融に申込みを行うとよいでしょう。

キャッシングのデメリット

さて、早くお金を借りることができるのはよいことですが、そうした点でのデメリットにも注意を向けておく必要があります。

例えば、お金を借り過ぎてしまうということです。

お金を借りやすいということは、それだけ気持ちルーズにさせてしまうところがあります。

お金を借りているという緊張感を無くしてしまえば、ついつい借り過ぎてしまうこともあるので、この点は注意しなければなりません。

決して多重債務者に陥ることがないよう、あらかじめよく返済計画を立てておき、それに従って月々の返済を行っていくことです。

またそうする点で、あらかじめ返済シミュレーションを行っておくのはよいことです。

返済シミュレーションでは、月々の返済額や、金利計算、完済予定日などを計算しておくことができます。

まとめ

①必要書類はオペレーターに確認。
②通常必要書類は免許証や保険証。
③必要書類を写真に撮って送る。
④追加書類が必要な場合もある。
⑤即日で借りたいときは契約完了の時間が重要。
①三井住友銀行なら「プロミス」か「モビット
②三菱東京UFJ銀行なら「モビット」か「アコム
③みずほ銀行なら「みずほ銀行カードローン
④ジャパンネット銀行なら「プロミス」
⑤楽天銀行銀行なら「アコム
⑥ゆうちょ銀行なら「アコム
⑦どの銀行も持っていないなら「アコム