お金がすぐに必要だから即日お金を借りることができる消費者金融のカードローンやキャッシングサービスを利用したいと考える方が多いようですが、総量規制について知っておかないと審査がうまく通らないことがよくあります。

総量規制は主に消費者金融向けに現金の貸出について制限する法律です。

総量規制とは

総量規制によって消費者金融は総所得の3分の1を超える現金は貸し出せなくなっています。

例えば収入が200万の人は60万円が制限の金額となります。総量規制で忘れてはいけないのが借りている状況はすべての消費者金融に適合するということです。

これまでは同じ会社から多額のお金を借りる際に制限があったのですが、総量規制ではそれは全社にあたります。

複数の借り入れの総額が規制対象

そのため、複数の会社から借りている場合にはすべてを足した合計が総量規制に収まっているかを検討することが重要です。

この制限は消費者金融のみに適合されていますが、金融機関でも総量規制に準拠して審査をすることが多いようなので金融機関からの借り入れの際も担保なし、保証人なしの借り入れの際は注意が必要です。

消費者金融のキャッシングサービスやカードローンは比較的審査が緩いと言われており、即日借り入れも可能な場合が多いですが総量規制は会社の運営に関わることでもあるので各消費者金融も厳密に守っています。

ですから審査を受ける際は、所得と他からの借り入れの状況をよくチェックしてから申し込むことをおすすめします。