お金が必要になった時は、消費者金融は即日融資が受けられるので、利便性が高くなっていますが、金利が高いため、利用をするのに抵抗を感じている方が多くなっています。

銀行は、貸し金業者の中でも信頼性が高く、低金利で利用できるので多くの人が関心を持っています。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業

銀行のカードローンは、審査に時間が掛かったり、融資のスピードが遅いと感じている方が多くなっています。

大手の銀行であれば、即日にお金を借りることができる所も存在するので、利用を検討してみると良いでしょう。

仕事をしていない専業主婦の方は、消費者金融や信販会社でのキャッシングを利用するのが難しくなっています。

専業主婦でも借りられる

銀行は、配偶者に安定して継続した収入がある場合は、専業主婦の方も融資を受けることができます。

配偶者の給与明細書などの収入を証明できるものを準備しておくようにして下さい。

日常生活をしていると、10万円以下の小口にお金が必要になることが多いですが、家族が入院をしたり、思いがけず事故に遭ってしまった時は、大金を用意しなければならないことがあります。

銀行は総量規制の対象外

銀行は、総量規制という法律の対象外になっているので、一定の審査基準を満たしていると年収の3分の1を超える金額を借りることが可能になっています。

即日融資を受けることが可能な銀行が存在するので、インターネットを利用して審査を受けてみると良いでしょう。

急いでいる場合は、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえるので大変便利です。